会社勤めでアルバイトをする時に気をつけることは

Posted in アルバイト on 1月 20th, 2012 by admin

普段は会社員で仕事をしている人でも、
土日だけ収入を増やすためにアルバイトをしているという方が増えています。

会社勤めをしていると税金が必要となりますが、
アルバイトにも税金が必要となってくるのでしょうか。

こうしたアルバイト情報サイトを利用することで、得られることもあります。

一般的には、会社に勤めている人が副業を持つときは、雑所得という形で処理されます。

経費があるようであればそれを雑所得から引いた分が20万円をオーバーする場合は、
確定申告が必要となります。

同時に所得税や住民税も増えるということも、注意するようにしてください。

反対に20万円を超えなければ、何もしなくてもよいということです。

できるだけ確定申告を避けたい人は、
20万円を超えないように仕事をしていくことをおすすめします。

(ただし源泉徴収されていない場合は確定申告が必要です)

20万円に満たない場合も経費が多くかかっている場合など税金を多く払っていた場合には
還付金として受け取ることも可能です。

会社によってはアルバイトを社則で禁止しているところもあります。
土日は休息や個人の所用に使うべきという考えや、
本業である仕事に悪影響を与えないための処置とされています。

確定申告を実施すると、勤め先にアルバイトがわかってしまうので気をつける必要があります。
どのようにしても、会社員のアルバイトには
良いことばかりではないことを事前に学んだ上で行いましょう。


Comments are closed.