短期アルバイトを分類すると。

Posted in アルバイト on 12月 8th, 2012 by admin

募集をする方の立場から短期アルバイトをタイプ別に確認していきましょう。
中でも代表と言える「多数戦力タイプ」は、数人の正社員より指示を受けてアルバイトが働く職場に見られる募集タイプです。

このタイプのアルバイトは、常に多数の募集があり、忙しい時期になると募集はさらに増えます。

コツコツ行うアクティブワーク系には、物流搬送所にて、梱包や仕分け、検品を行う業務や、ビル、病院の清掃などがあります。

オフィスワーク系では、たくさんの人が必要なテレフォンアポインターや入力作業などがあります。

「補助タイプ」と呼ばれる常勤スタッフをアシストする役割のアルバイトが募集されます。
繁忙期やオープニングスタッフとして限定されたアルバイト募集として多く行われます。

またこのタイプは、欠員が出たときの長期アルバイトとしての募集も行っている事があります。

このお仕事の業種は、飲食関連や商品を扱う店舗での募集が多く、チェーン店の定員としての募集があります。
緊急応援タイプはスタッフの急な欠員や、緊急性が高く対応できる能力が高い人材を募集するタイプです。
少しでも早い人員確保が必要な為、「急募」と記す他、大きな広告で呼びかけることもあります。

正社員の穴を一時的に埋めるだけの、短期アルバイトとはいえ経験者が求められる場合もあります。
予定にない人手不足もあり、急いで人を増やしたいという大変忙しい時には募集が行われます。

急募と書かれている短期アルバイトは募集から採用になるまでが早く、早い応募から採用となることもあります。
事務やサービスに見られる隙間埋めタイプは、シフトを組んで仕事につく募集にみられます。

このタイプは、シフトを基本に動いている為、変則的なシフトに対応できる人を重宝される傾向にあります。
それぞれ企業のホームページを使って募集されることも多いので、定期的に確認する事が必要かと思われます。


Comments are closed.